1674up

テレビパソコン
ブラウン管だったあの頃

30y33-10c54o21x15n56a1
機械や配線が古くなると
信号にノイズが入って
画面がおかしくなるが

昭和の人間はだいたい
こうやって直していた

30y33-10c54o21x15n56a2
現代人は
マネしないでね!


ちなみにコレ
たった15年前の風景
当時の家で
ボスを拾った頃、
旦那氏ウィンドウズ98
ブラウン管モニター
まだ現役で生きていた

ちょうど世の中が
全力で液晶モニター
切り替わる過渡期で
ゲーム用のテレビも
ブラウン管だった

2人で暮らし始めた頃に
まっ先に買った物がコレ

沈黙の大画面
アクオス大画面
液晶テレビ

サラウンドスピーカー付き
専用テレビ台も含めると
約50万円(当時)

当時のテレビとしては
画期的だった
パソコン用のVGA端子
も搭載されていて、
パソコン用モニター
としても利用可能な上
HDMIRGBのように
入力方式が別であれば
ゲーム機を2台同時に
映し出せる機能
が魅力


毎年パソコンのモニターが
壊れるような使い方をする
私にゲームで使い倒されて
散々猫達に踏まれてきたのに
現在も問題なく動いている
事を考えると丈夫で長持ち
お得だったのかもしれない


キャラ紹介 飼い主ふたり 飼い主(私)
旦那氏(大阪人)
猫3匹と大阪在住