578up

私が医者の嫁に
ならなかった理由

の続き

先日の回想を読んだ
旦那氏
「おかしい、お前が
こんなにモテる
はずがない!!!」

30y27-3
流れないからったって
溜まった水に汚れた皿
漬けとくのもどうなん

30y27-4
おうよ!

この一件の後、
「聞いたよ!^^
家事出来るんだって?
うちにも来て欲しいな~」

というアンポンタンが
時々湧くようになって
甚だ閉口した。


女は家政婦でも
召使でもない。


家事の美学は
「普段はなんにもしない
けど~アナタのため
だけに、ちょっぴり
がんばっちゃったん
だから~☆」

であるべきだ。


(個人の偏見です)

そんなわけで声をかけて
くる人は、どれも便利な
家政婦を求めてるか
下心しかないように
思えてきて、自分から
好きになった人しか見て
なかったのも、視野が
狭くなって男性を見る
目が培われず、結果的に
結婚相手選びに失敗
する要因のひとつに
なったのかもしれない


(つづく)

関連記事↓
30y22-1
RE:ゼロから始める
ウェディングドレスの
思い出

結婚~離婚を経て、もう一度
ウェディングドレスを
着る日までのお話

飼い主(私)
猫とマンガと
ゲームが好き

旦那氏
犬も猫も好き
ゲームが大好き

※離婚編に登場する
新郎とは赤の他人で別人